中崎町・天六S4パーソナルトレーニングジム

~手軽で気軽に通えるジム~

靴を履いてる時の足の痛みが単純な方法でなくなった話

靴を履いたときに小指が痛いとか、甲が痛いと感じたことはありませんか?
そんな時、自分の足と靴が合ってないと考えますよね。もちろんそういう場合もあるのですが、様々な原因があるのです。
今回は先日実際にあったお客様から受けた相談を紹介します。
※最後にお知らせがありますので是非読み進めて頂ければ幸いです▼

 

最近までスニーカーや運動靴を履く習慣がなかった方ですが、これからのことを考えて普段履き用にランニングシューズを購入し、それ用にオーダーメイドの中敷きも作成されました。
そして今週末に登山に誘われ登山靴も購入されたのですが、履くと小指の付け根が痛くなるとの事でした。

話をよくよく聞いていくと、痛くなったのは中敷きを使いだしてからという事がわかったのでランニングシューズと中敷き、登山靴を持ってきてもらう様にお伝えし来館してもらいました。

カウンセリングした内容をもとに考察していきます。僕の見立てはこうです。

➀ランニングシューズに中敷きを入れたことで、シューズ内が小さくなり小指を圧迫したのではないか。

②中敷きを使用しだして炎症が起こっているため、登山用シューズを履いても当たって痛いのではないか。

③登山用シューズには中敷きを入れても問題ないのではないか。

お持ちになられたランニングシューズは幅が狭い傾向にあるメーカーだったので➀の見立てを立てたのですが、おそらく間違いないと思います。
ランニングシューズには元々の中敷きがあるのですが、作成された中敷きと比べてもかなり薄かったのです。中敷きが厚くなることでシューズ内が狭くなることは想像できますよね(;'∀')

②についてですが、炎症部位がシューズに当たって痛いという事は中で足がズレないように履くことが重要です。
③は持ってきてくれた登山靴の中敷きと作成した中敷きの厚さがほぼほぼ変わらなかったので、そう考えました。

 

これらの考察を踏まえて僕が行ったことを紹介します。

まず実際に普段履く靴下を着用しての足のサイズ計測です。足の長さだけでなく横幅も測り、持って来てくれた靴と合っているか確認します。これは問題ありませんでした。
そしてランニングシューズに入れていたオーダーメイドの中敷きを元々の物に戻し、登山靴の中敷きをオーダーメイドのものに入れ替えます。

今回の一番のポイントは靴の履き方だと考えていたので(ストレスなくフィットさせて中で足が動かない様にするため)、正しい靴の履き方と靴ひもの結び方をお伝えし実践してもらいました。

そうして自宅に戻られた後に「40分くらい歩いて見たけど全然違います!凄く楽です!」とメッセージを頂きました(^^)
色々と考察しましたが今回の件に限っては、靴の履き方だけで解決出来たのかなと考えています。オーダーメイドの中敷きは足を良い状態に保ってくれますので登山の時に効果を発揮してくれると思います☆

 

靴選びの時の注意点は、同じ24cmのシューズでもモデルやメーカーが変われば全然違うというところです。足の長さだけでなく、横幅も違うのです。
なので自身の足のサイズをちゃんと計測し知っておくことと、必ず両方の足を入れてみて下さいね。

凄く簡単に書いたつもりなのですが、中々わかりづらくなってしまったかもしれません(-_-;)もっと色々書きたいけどここまでにしておきます(笑)

パーソナルに来て下さっているお客様はいつでもサイズ計測など行いますので気軽に聞いて下さいね♪

また今回こういった悩みを持っている人って多いんじゃないかと思い、当ジムに通われていない方でもワンコインでサイズ計測や足の悩み相談に来てもらえる日程を考えて決めました!詳しくは料金ページをご覧ください▼

指導料金 - 中崎町のパーソナルトレーニングジム・スータブル4階

 

あ、ちゃんと計測してもらえる靴屋さんで靴を買う人はそちらで相談してもらう方が計測から靴選びまでしてもらえるので絶対におススメですよ~

ではまた次のブログで☆