ヒップアップや姿勢改善にもウォーミングアップ

大阪の中崎町にあるスータブル・パーソナルトレーニングジムの田中です。
前回のブログでは、ウォーミングアップにおける関節可動域の拡大について説明させて頂きました。
今回はウォーミングアップにおける『筋出力の改善』について少し詳しく説明します。

 

足部のアライメントを整え、ストレッチなどを行うことによって現段階での適切な関節可動域を出すというのが前回のブログ内容でしたが、次に行うのが筋出力の改善です。筋肉に刺激を入れて力を発揮しやすくさせます。

例えばお尻の筋肉。お尻の筋肉は股関節を伸展させる役割を持ちます(下の絵を参照)。
股関節の伸展がしっかり出来ないということは、スクワットで立つときにお尻をしっかり使えないという状態です。せっかくトレーニングをするのであれば、効果的に行いたいですよね。

日常生活でも然りです。
お尻の筋肉が力を発揮できる状態にしてあげることで、普段からお尻の筋肉が使いやすくなります。

 

当ジムでは、トレーニング前に日常生活で出力が低下しやすい筋肉へ刺激を入れるアクティベーションを行います。
関節可動域を確保し、筋出力を改善することでその後のメイントレーニングの効果を最大限に引き出します。
筋肉の出力を上げることはセルフでも可能ですので、そのやり方もパーソナルトレーニングでシェアさせて頂いています。

 

筋出力の改善で重要なことがもう一つ。筋肉が力を発揮できるようにするということをメインでお話ししてきましたが、逆にしっかり弛緩できるかどうかも見ていかなければいけません。
マッサージなどを受けている際に『力抜いてくださいねえ~』と何度も言われた経験がある方もいるのではないでしょうか?
自分では力を抜いているつもりでも抜けてなかったりするんですね。僕の経験上そんなには居ないのですが、こういった方はしっかり筋肉が弛緩できる状態にすることも大事なんです。
これについてはまた違う記事で書いていきたいと思います<(_ _)>

さてウォーミングアップを行うことで、トレーニングの効果が上がることは何となく理解できたかと思います(わからなかったら本当にすみません泣)!
そしてもう一つの効果として、姿勢が良くなり適正アライメントに近づきます。その状態でトレーニングを行うことで怪我のリスクも大幅に下げることが可能になるのです。
何故そうなるのか、という話についてはこれもまた別途書かせて頂きます!

 

長々書きましたが、とりあえずウォーミングアップは安全で効果的にトレーニングをする上で欠かせないものだと思っておいて頂ければと思います(;'∀')

 

ではまた次のブログで☆